2014年3月25日火曜日

お知らせ












今には決してない

独特の深みのある古の色


ちょっとした端切れにさえ

心奪われてしまいます


 






1800年後半の

枯れた装飾

そこにあるだけで絵になります


先日


お客様と

「この装飾は何の装飾だったのかしら?」

とご一緒に

こちらの装飾を眺めておりました



そのお客様がおっしゃるには

こういった形のものが

アンティークの

カーテン関係のカテゴリーに

よくあって


何に使うのかしらと

思っていらっしゃったそうなのです



私も残念ながら存じ上げず

「カーテン用のポールの装飾かしら」

などとご一緒にお話ししているうちに


そういえば

我が家にある私物で

よく似たお品があるのを思い出しました


それには

枯れた深い緑色の布(紐)がついているのです



それがこちら↓






紐が付けられています


この形

カーテンのタッセルかしら!?






後ろの部分もとてもよく似ています



再度ご来店くださった時に

その方にお見せすると


「カーテンタッセルかも!素敵!」

と大盛り上がり^^


もしそうなら

なんて豪華なカーテンタッセル


この装飾を使って

こんな風に

布・紐・ブレードで

つなげてタッセルを作ったら素敵かも


なんて


どのように使われていたかを

時間を忘れて探っていました



楽しかったですねー^^



そのお客様をお見送りした後


カーテンタッセルだったのかも~と

嬉しくなっておりましたら


ふと店内に

もう一つ似た形のものがあることに気づき

手に取って裏を見ると



あれれれれ



何だか木製のものがついてますよ???



Yさま

どうしましょ



こんなのついております↓






ということで

こちらの装飾は


何の装飾だったのか

またちょっとわからなくなりました



またお話ししなくては(笑)


ぜひ

ご存知の方がいらっしゃったら

教えてくださいね^^



でも

枯れたブレードや布・紐でつなげて

タッセルをつくっても素敵ですよね^^









あっという間に

3月のopenも

今日が最後になりました



 今月も

たくさんの方と

楽しい時間を過ごさせていただき

本当にありがとうございました



4月のopen日は

下記の通りとなっております




2日(水)・3日(木)・4日(金)

10日(木)・11日(金)

14日(月)・15日(火)・17日(木)・18日(金)

21日(月)・22日(火)・24日(木)・25日(金)



4月のHPのnewsでも

お知らせいたしますので

ご覧ください



暖かな空気に包まれて

良い春の日をお過ごしくださいね




Bizarre


































2014年3月24日月曜日

春爛漫











春のように

笑顔が

柔らかい人方



春のように

心が

温かい方



春のように

ふんわり人を包み込む方



春のように

ワクワクさせてくださる方




今日も

春爛漫でした




なのに

先日撮ったお写真

ちっとも春爛漫の雰囲気じゃないですね^^;











Bizarre





 








 

2014年3月21日金曜日

悩みますね










この雨風が終わったら

きっと

春本番



どんな楽しいことをしようかしら



陽だまりの中

羊さんと遊ぼうかしら








それとも

小川で釣りを楽しもうかしら





それとも

一日中

仲間と

音楽を奏でようかしら





いえいえ

やっぱり

小ヤギのお世話しなくちゃね






う~ん

悩んじゃうわね~






春は

することしたいこと

山盛りですね







ナポレオンⅢ時代のピンクッション


こちらも春のやさしい雰囲気で




Bizarre

























2014年3月20日木曜日

名残り












お嫁入りした

アールヌーボー時代のシェルフ


品の良い作りに

革細工で施された

装飾の名残りが見られ


その

失われた部分に

物語を感じました




それは

決して切ないものではなく

とても穏やかな気持ちにさせてくれる


そんな佇まいのお品でした







雨の一日でしたね


このようなお足元の悪い中

お忙しい中


お越しくださり

お電話くださり


今日も

たくさんの方々と楽しいお時間を過ごさせていただきました



diaryを綴る時は

いつもお顔やお声を

思い出します



ありがとうございます^^



明日21日(祝)

openしております




・・・追伸・・・



お母さんとご一緒に

来てくれたKちゃん

可愛い似顔絵をありがとう

30歳くらい

若かったよ^^







Bizarre





2014年3月18日火曜日

ちょこっと
















 







今日はBizarreの様子をちらりと




日々

ふと目をやっては


合間に

ディスプレイをしたり

お品をご用意したり


でも


少し手を加えるだけのつもりが

どっぷり入りこんだり

大がかりなことになっていて

そんな自分に

はっと気が付き

焦ったりしています(笑)



そういえば

先日いらした方は

ご自分で楽しまれている場所をつくっていらして


そこを通るたびに

ちょこっとずつ

ディスプレイを変えて楽しんでいらっしゃるとのこと



バタバタしている

隙間や

通りすがりに


「これのほうがいいかしら」と

ちょこっとだけ



そんなふうに

ふと視界に入ってきて

心を和らげてくれる

ちょっとだけ特別な場所がある


つい手を伸ばしてみたくなる

大好きなものがあるって


やっぱり楽しいですよね




お忙しい毎日だと思いますが

皆さまもぜひ

そんな場所や時間を

楽しまれてくださいね



でも


くれぐれも

ちょこっとだけ^^








Bizarre
































Bizarre



2014年3月17日月曜日

困りますよね









そろそろ

今週あたりからは

春本番?



お越しになる皆さま

「暑いくらい」と

入っていらっしゃいます



暖かくなるのは嬉しいですが

暑くなっては困りますね


それに


急に暖かくなると

着るものにも困ります


衣替えもしなくっちゃ



ついでに



冬服の下で

安心していた 

ぽっちゃり着ぐるみも

脱いで

クローゼットに片づけたいです


でも

チャックないです(涙)



 


Bizarre








 































2014年3月14日金曜日

良い週末をお過ごしください






「春の嵐」


嵐なのに

何だか

心地よい響きですね




日々いろいろなお品を

ご用意して

わくわく楽しんでおります


今日は

メタリックフリンジで

柔らかに









艶のある長いフリンジ

とてもしなやかな手触りです





メタリックな祭壇の飾り


アンティークのメタリックは

女性的で艶っぽくて

古いものとよく馴染み


とても好きです







関西に

いらして間もない中
 
足をお運びくださった

ドールお洋服の作家さま


作品を見せていただきました


お選びいただいた

アンティークの紙ものや

枯れた装飾ものたちと


なんともしっくりと馴染み

その愛しいくらいの可愛らしさに

思わずパチリ



アンティークがお好きな方が

アンティークのお品を大切に使われながら

作り出す作品は

なぜか

 自然と深みが備わっています



そういえば

先日いらしてくださった団体さま


(その中のお一人は信越地方から・・・
いつもはお電話ですがまたお会いできて感激でした~^^*)


その中に

手仕事をされて作品を作られている方たちもいらっしゃって

とても長く幅のある

1800年代のエクリュ色のチュールレースを

3人さまでちょきんと

仲良く分け分けされていました



手仕事ができない私には

ちょきんとするのは

勇気がいって


「すみません。。。切ってください」

と情けなくも失礼ながらお願い^^;



でも

本当は

そうやって使って素敵に生かされるのが一番


作り出されたお品を見せていただくと

それがよくわかります


 





今週も

ありがとうございました



インフルエンザや

風邪の心配が絶えませんね


どうぞ皆さまもお気を付けて


良い週末をお過ごしくださいね



Bizarre










 




















2014年3月13日木曜日

1800年代のモード










1872年と1890年の


一年分のモード新聞を纏めた

大きな本をご用意しました



当時流行した

お洒落なデザインや

ドレス・ヘアースタイル・インテリアまでに関することが

400ページ以上にわたっており


繊細で優雅なイラストもたっぷりです



現代の女性が

ファッション雑誌を眺めては

ワクワクするように


100年以上前の当時のご婦人たちも

発刊されるのを楽しみに

流行のスタイルやファッションを眺めては

きっと心躍らせていたのでしょうね



素敵なイラストがたくさんで

全てご紹介できないのが残念です

ぜひ手にとって

ゆっくり

一枚一枚眺めていただきたいな・・・と思います





少しだけご紹介^^



まずは1872年のモード誌


















豪華なドレスのデザインや

美しい飾り

うっとりですね


こんなの見たら

お財布抱えて

お店に走っちゃいますよね^^



そして

もう一冊は

1890年のモード誌










複雑な結い方ですね

できそうにありません^^;







素敵なお帽子

鳥さんが飾りに使われていますね









豪華な室内インテリアもご紹介




あら

DIYされたのかしら???







1872年のものと1890年のもの


見比べていると

当時の女性たちの間での

流行の違い

興味の違い 

思考の違いがよくわかります



身に纏うドレスも

だんだんと軽やかになっていて

いろいろなものに興味を持ち

活動的になっていく女性たち


何だか親近感を感じますね




ぜひ

手にとって

当時の貴婦人たちのように

楽しんでいただけたらと思います




Bizarre