2014年8月3日日曜日

砂色









8月になると

なぜか

いつも砂漠の景色を

思い出します


もちろん

行ったことないですけれど・・・


ただ

砂の景色だけが続く

何もない世界


白でもなく

無色という表現でもなく


目の前にただただ広がる

色のない世界



「砂色」



静かな

砂色の世界に

とても魅かれます


想像の砂色の世界


色があるのに

色のない世界


音があるのに

音のない世界


そのまま

砂色と化して

そして

いづれ砂となって

消えていってしまいそうな世界



そんな世界を

作りたくって

作ってみました







1500年後半~1600年後半


美しく枯れた羊皮紙の表紙

中は全て手書きのマニュスクリ
















月の砂漠ですやすや・・・・






そして

もう一方で

華やかで甘美な世界

全てが豊かな世界


全くの

正反対のようで


実は

“同じひと”のような気がするのは

私だけでしょうか









8月は

お休みいっぱい


ですので

Bizarreにいてくれている一部のお品たちを

初めて

この度

期間限定で

お安くご用意することにいたしました


8月のopen日が終われば

お品たちは元のお値段に戻る予定です


saleというより

もう

プレゼント価格です^^



黒のベッドの上のお品たちと

(黒のベッドは什器ですので対象外です)

アイアンフェンス

そして

シャビーな枯れたドアが

そのお品たちです


もし気になっていたお品がある場合は

よろしければ

ご覧になってみてくださいね








明日は

10時半よりopenいたします


今月も

素敵なことが

たくさんありますように




Bizarre