2016年7月25日月曜日







 
 
 
 


 
 
 
 
 
1800年代
 
 
あまり出逢うことのない
 
 
レリーフの美しい
 
大きな額とひし形の額を
 
ご用意しました
 
 
大きな額は
 
美しい布ものや織物などを
 
額装しても素敵かもしれませんね
 
 
とても大きいので
 
空間の雰囲気を変えてくれそうですね
 
 
 
ひし形の額は
 
初めて出逢いました
 
 
 
凛とした佇まいが
 
とても素敵です
 
 
 
ガラスが入っていて
 
まるで
 
小窓のよう
 
 
向こう側を覗いてみたくなるような
 
独特な空気を放っています
 
 

 
 
 
 
 
 
1800年代半ば
 
クレイユ・モントローの
 
薔薇シリーズ
 
 
艶やかで美しい
 
デザートサイズのお皿と
 
低いコンポート
 
 
 
1806-1825年頃
 
クレイユ・モントローの
 
ポートレート皿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
良い風合いに色づいたり
 
くったりと優しい
 
レースやチュールレース
 
 
気持ちが柔らかくなります
 
 
 
細い細いレースやチュールレース
 
繊細で
 
愛おしくなる細さ
 
 
 
 
 
ソファーベンチ
 
何を置いても良い雰囲気になるので
 
 
楽しくて
 
ここでお写真撮ってばかりです
 
 
 
 
 
1600年末~1700年初め
 
 
冊子になっている
 
オブジェのように絵になる古文書
 
 
 
くったり柔らかくなって
 
しっとり濡れたような紙の質感
 
 
ほろほろととろけそうに
 
儚げ
 
 
なのに
 
深く沈むような存在感
 
 
 
 
 
 
 
 
7月のopenもあと2日となりました
 
 
今月最後間に合って
 
いろいろと
 
ご用意してみました
 
 
 
明日
 
いつもの通り
 
午前10時30分より
 
ご用意しております
 
 
 
よろしければ
 
ご覧いただけたら嬉しいです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Bizarre