2016年10月10日月曜日




 
 
 
 
 
 
 
 

急に
 
秋めいてきましたね
 
 
秋になると
 
 
大好きなひとや
 
大好きなものと
 
 
時を忘れて
 
心ゆくまで
 
楽しみたくなりますね
 
 
 
ふと
 
見上げると
 
 
見渡す限り
 
空一面を
 
美しいうろこ雲が覆っていました
 
 
 
そのきれいなこと
 
 
 
足を止めて
 
空を見上げて良かったなぁ
 
 
 
 
 
 
 
 
壁いっぱいに
 
たくさんの鏡を飾りたくて
 
 
1800年代の
 
鏡を
 
たくさんご用意してみました
 
 
 
たくさんご用意したつもりなのに
 
全然足りないですね 
 
 
 
 
 
 
こちらは
 
 
 オリジナルペイントの
 
キャビネット
 
 
1850年頃のお品で
 
もう150年以上前のもの
 
 
 
小ぶりなのに
 
ずっしりとした重さ
 
 
 使われている木が
 
その時代の古さを感じさせます
 
 
 
優しい雰囲気にも
 
シックな雰囲気にも
 
仕立てられる
 
良い雰囲気のキャビネット
 
 
 
 
黄色に映っていますが
 
 
黄味がかったクリーム色で
 
周りに馴染みやすい
 
柔らかなお色です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガラスもオリジナル
 
 
真ん中あたりに 
 
ラインのようなものが見えますが
 
(お写真で見えますか?)
 
 
触っていただくとわかりますが
 
こちらは
 
作られたときに入った
 
 
 
何だかそれも愛おしくて
 
指でなぞると
 
優しい気分になるんです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1600年代~1700年代の
 
柱頭装飾木片
 
 
とろけるような風合いになった
 
深い味わいのある木の雰囲気が
 
とてもよいです
 
 
 
オブジェとしてはもちろん
 
台座としても
 
楽しめそうです
 
 
 
ガラスドームをのせたり
 
植物とも
 
とてもよく合いそう
 
 
 

 
 
 
明日のopenは
 
木の味わいを
 
楽しめるお品を
 
ご用意してみました
 
 
 
皆さまにとっても
 
味わい深い
 
秋になりますように
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Bizarre