2017年8月3日木曜日




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1700年代
 
木製燭台
 
 
 
 
 
いつも思います
 
 
やっぱり
 
 
自然の造形物
 
魅かれてやみません
 
 
 
ずっと前からそうなのですが
  
ここ近年
 
その想いは
 
加速度を増して
 
 
 
もはや
 
 
 
私も
 
海や大地のものに
 
なりたい
 
 
 
 
自然の造形を感じる
 
心の元に響くもの
 
 
これからも
 
探していきたいと思います
 
 
 
 
 
 
 
1824年
 
美しい背表紙の
 
紙の本
 
 
15×9
 
 
 

 
 
 
 
 
1800年代
 
吹きガラスのポットたちと
 
 
 
口が広くて浅い
 
ボヘミアン吹きガラスのデザートカップ
 
 
 
ガラスのものたち
 
 
季節問わず
 
いろいろなシーンで
 
楽しめますね
 
 

 
 
 
 
小さめサイズの
 
ガラスのクロシェ
 
 
3点ご用意した中で
 
1点は
 
バカラのもの
 
 
全面に美しいエッチングが施されています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 厚みがあり固くなった羊皮紙
 
 
びっしりとしたためられた
 
薄茶色の美しい文字
 
 
 
良い風合いになった
 
1600年代
 
羊皮紙の紙ものたち
 
  
 
 
 
 
 
 
 
ナポレオンⅢ時代
 
 
総手仕事
 
総手刺繍の
 
美しい シルクショール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
暑いですね
 
 
 
本格的な
 
夏の到来ですね
 
 
 
ご体調
 
崩されていらっしゃいませんか
 
 
 
 
例年
 
夏は食欲が減るのですが
 
 
 
今年は
 
お腹が空いて
 
仕方ないです
 
 
 
 
8月も 
 
どうぞよろしくお願いいたします
 
 
 
 
 
 
 
 
Bizarre