2017年12月6日水曜日



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
300年ほど前の建物を
 
解体したときに放出された
 
煉瓦たち
 
 
  
風化された姿は
 
まるで岩石のよう
 
 
 
 
固く
 
重く
 
 
ひとつひとつの味わいが
 
何とも言えないのです
 
 
 
もうオブジェのような造形美
 
 
 
all  sold
 
 
 
 
 
 
 
 
1700年代
 
 
木彫りの
 
幼子
 
 
イエス残欠
 
 
 
 
感じていただけると思います
 
 
 
お写真では
 
残念ながら伝わりません
 
 
 
 
救い
 
守り
 
導いてくれるような
 
 
聖なる魂を感じます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1600年代後半
 
 
とても大きな木製燭台
 
 
すばらしいです
 
 
 
 
岩石の中に佇む燭台
 
 
私のChristmasのイメージです
 
 
 
 なんででしょうね....笑
 
 
 
やっと
 
叶えられてうれしいです
 
 
 
 
ライトを灯そうかとも思ったのですが
 
それはなんだか
 
私の中になくて
 
 
 
大地を這うような
 
黒い枝とともに
 
 
 
こちらも
 
ご用意してます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1800年代後期
 
木製のガラスケースにおさめられた
 
 
布花と
 
 
うつくしい
 
花冠のマリアさま
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1800年末
 
布花額装品
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1800年初め
 
木彫りの果物籠オブジェ
 
 
迫力あるすばらしさです
 
 

 
 
 
 
 
 
 
ほんとうの存在
 
 
 
出逢えたことに
 
感謝の気持ちでいっぱいです
 
 
 
 
 
12月も
 
どうぞよろしくお願いします!
 
 
 
 
 
Bizarre