2018年4月16日月曜日






 
 
 
 
1870年
 
天使像
 
 
作家のサインあり
 
 
 
 
 
 
 
集まっていたようです
 
 
ふと気がつけば
 
いつのまにか
 
たくさんになっていました
 
 
 
 
 
古手のエタンのお品たち
 
 
 
 
1800年代を中心に
 
1700年代のものから1900年ころのものまで
 
 
 
お皿やカップ
 
おままごと用のちいさなものなど
 
 
白化したり黒く沈んだり歪んだりぼこぼこになっていたり
 
 
エタンの重み
 
風合い味わいが
 
楽しめます
 
 
 








 
 
 
 
 
1800年代後半
 
 
黄釉や緑釉の
 
南仏の陶器たち
 
 
デュルフィやヴァロリス窯のもの
 
 
 
 
土のやわらかさ温かさを感じて
 
ほっとします
 
 
 
デュルフィはピカソが滞在しアトリエを構えたまち
 
 
 
ピカソもこのデュルフィで
 
陶器製作をし
 
パリで個展を開いたそうです
 
 
  
シンプルでありながら
 
ぽってりとした温かみと
 
存在感があって
 
いろいろなシーンで
 
一緒に過ごせそうです
 
 
 
 
絵になる 
 
器たち
 
 
  
 


 
 
 
 
 
Bizarre