2018年6月7日木曜日







 
  
 
 
  
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
ずっと出逢いたいなと思っていた
 
 ご覧いただきたいなと思っていた
 
 
 
イタリアアンティーク
 
 
 
 
フランスアンティークは
 
いまや
 
世界中を巡り歩いていますが
 
 
 
なぜなのでしょう
 
 
イタリアアンティークのこういう佇まいのもの
 
お写真などでは見たことがあるのですが
 
なかなか出逢えないような気がします
 
 
 
わたしだけでしょうか
 
 
 
 
フランスの比ではないほどの
 
宗教界に投じてきた富と権力
 
 
なので
 
イタリアアンティークのイメージって
 
以前は豪華絢爛なものばかりのイメージを持っていましたが
 
 
 
 
実は
 
とても柔らかな佇まいで
 
とても魅力的です
 
 
 
フランスアンティークともまた違った
 
柔らかさを感じます
 
 
 
ですから
 
ずっと出逢いたいと思っていました
 
 
 
でも
 
なかなかご紹介できるようなものに出逢えません
 
 
 
 
イタリア人はイタリアアンティークを
 
とても愛しているのだと思います
 
 
容易に手放す気なんてないのかもしれません
 
 
 
 
そのような中
 
 
今回出逢えたイタリアアンティークたち
 
 
 
 
燭台・鏡・額・木片
 
 
1700年代末-1800年代のアンティークたち
 
 
 
 
よろしければ
 
 
ぜひ
 
ご覧になってみてくださいね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
他にも
 
滴が閉じ込められたように
 
うるうるぷるんとしたボヘミアンガラスのボタンや
 
 
 
美しいハンドクリップ
 
 
 
そして
 
 
小さなふたりの天使像など
 
 
 
ご用意してみました
 
 
 
 
diary
 
 
ご紹介がとても遅くなりましたが
 
 
 
6月も
 
どうぞよろしくお願いいたします
 
 
 
 
 
 
 
 
Bizarre